一箇所目の耳鼻科

いまだ、足の通院も続いていましたが、

耳の症状が良くならず、

8月6日

10年前と15年前にかかったことのある近所の耳鼻科Aを受診しました。

この頃の症状は、一番は、耳の詰まった感じ=閉塞感。これは、10年前も感じました。

それに加え、今回は、音が響く感じがしたので、心配になり、足の通院も大変でしたが受診しました。

以前と同じ低音障害難聴。

音が響く感じもこの病気の症状の一つだそうです。低い音が聞こえないので、聞こえる音が大きく響いて聞こえるんだそうで、

後に

聴覚補充現象

という症状名だと知りました。

ストレスが原因と言われ、ビタミン剤のみ処方されました。

以前罹患した時に処方されたステロイドじゃないんだなと思いました。

当然というか、それだけでは、よくならなかったので、

8月23日に再度同じA耳鼻科を受診し、

以前の時は、ステロイドが効いたという話をしたら、僅かな量を出してくれましたが、

理由が

「あまり出したくない」と言われ驚きました。

理由は、副作用が多いから

でしたが

患者にいきなり、あまり出したなくないと言われても、理解に苦しみました。

クレームも多いのかもしれませんが、言葉少ないドクターだったので、説明不足かも。。

10年前、15年前もいつのまにか治ったので、

半月経っても治らないのも、この時既に「あら?長いな」という印象がありました。

1回目の受診と2回目の間で実家に帰っていますが、この時は、そんなに聞こえなさも、耳の閉塞感も常時という感じではなく、それほど気になりませんでした。

後々何軒も病院にかかることになり、どこでも、もっと早く受診していれば、と言われましたが、

わたしは8月上旬に受診していて、

医師の指示に従って処方を受け、良くならないからこちらから、処方をお願いしました。

週5日勤務し、足で週2回の通院を続けながらです。

なぜ、患者であるわたしの行動が遅いと言われなければならないのでしょうか。

ステロイドが出た2日間は、聞こえがスッキリした感がありましたが、

期間が過ぎると元に戻ってしまった感じがしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました